メルマガ読者増によく効く『メールマガジン読者を集める確実な方法』

メールマーケティング、リストマーケティング

2006年有料版の一部公開(PDF30ページ)

無料Eブック(PDF49ページ)

無料登録お申し込み↓↓↓
メールアドレス
お名前(姓)
(名)
お申し込み頂いた方には■アクリネット商工無料メール会員マガジンンの各種情報提供の電子メールをお送りします。発行者:アクリネット有限会社。会社概要 プレイバシーポリシー  登録解除はいつでも出来ますお気軽にどうぞ。 細はこちら。
さらにこちら↓↓↓

Aさん: メールマガジンを発行したんですが、
             全然読者が増えないんです。


 私 : なにか読者を増やす手だてはしていますか?

Aさん: もちろん。
     相互紹介、無料レポート、マガジン広告です。
     それに、懸賞で集める有料の読者増サービスもやってみました。

 私 : ほ〜〜、それは、頑張ってますね。
     それでどれくらい増えました?

Aさん: 相互紹介で数十人、無料レポートも激戦で苦戦してます。
     広告は、ほとんど効果なしですね。

     有料懸賞サービスは、一気に増えるには、増えたんですが、
     喜んでいるうちに、スグに読者が減っていくんです。

     毎回、マガジンを発行するたびに、500人とか700人とか読者が減るんです。
     スグにもとに戻っちゃうんです。

 私 : で、どれくらいお金を使ったんですか?

Aさん: 広告に20万円でしょ、有料読者増サービスに25万円です。

 私 : 合計45万円ですか〜〜。

Aさん: はい。

 私 : それで、売り上げはどうなりました。

Aさん: 全然です。広告を出したときに1件注文がきただけなんです。

 私 : それは、困りましたね。

Aさん: それにね。

     この前、読者がダダで、
     どんどん増えるっていうマニュアルを買ったんです。

     で、そのとおりにやってみたら、確かに読者は増えるんですが、
     これが、懸賞サービスより質の悪いアドレスばかりで、
     みんなメールサーバに貯まりっきりのアドレスばかりだと思うんです。

     見かけ上でも、読者数だけ増やしたい人にはとってもいい方法なのでしょうが、
     まぁ〜、マガジンは開封されないだろうし、もちろん読まれないし、
     ほとんどお客さんにはならないアドレスばかりなんです。

     もう、マガジンを発行するのが苦痛になってきました。


 私 : それでは、商売になりませんね。

Aさん: そうなんです。
     だから、どうすればいいか教えて欲しいんです。

 私 : それでは、懸賞を使いましょう。

Aさん: だから懸賞はダメだって言ってるでしょ!


 私 : 懸賞サイトの有料サービスだからダメなんですよ。

     それにマッチングがいけない。
     懸賞サイトにやってくる人たちは、どんな人たちなのかわかっていますか?

Aさん: プレゼントに当たらないかな〜〜っと思っている人でしょ。

 私 : そうですよ。だから、その辺のところをしっかりと見据えて、
     ちゃんとマーケティングしないとダメなんです。

     私の方法では、お金もかけないで、低コストで、
     毎月500人〜2000人くらいの人を集めています。

     それも、ターゲットを絞って、見込み客になってもらえる人たちです。

     もちろん、マガジンを出すと解除もされますが、
     だいたい、あなたの10分の1から20分の1くらいですかね。
     何百人もいっぺんに減ることはありません。

     ターゲットを絞って、ちゃんと見込み客を集めています。

Aさん: え〜〜、そんなことできるんですか?

 私 : 私は、ず〜〜っと、こうやって集客していますよ。
     懸賞もね、やり方と言うものがあるんですよ。


Aさん: それ! 是非! 教えてくださいよ!




メルマガ発行者のみなさん、こんにちは。

毎日マガジンネタを考えて、パソコンにむかってご苦労さまです。

私は、アクリネット社という、名古屋にある、小さな会社を経営しています。

夫婦で楽しく運営しています。


これ、私たちです、よろしく!
ホームページやメールマガジンでは、
七 五郎のペンネームで登場している小園敏之と申します。
写真の左の方です。カッコつけてヒゲなんか、はやしちゃってます。
右は、よしえです。リサイクル着物の「つむぎや」の店長さんと
着物の先生をやってます。










会社は小さくても、全国規模で商売をしています。

メールマガジンを、目一杯使い込んで、宣伝、集客に役立てています。


メールマガジン発行者のあなた、

苦労してメールマガジンを発行しても、読者数が少ないので、

チョッとイヤになってきたりしていませんか?


世の中には、1万人とか2万人とか、数万人とかの読者を集めて、

たくさん儲けている人がいるのに、

どうやってあんなに読者を集めたんだろうと思いませんか?


それはですね。

そういう人たちは、たくさんのお金を使って広告を出したり、

アドレス収集の専門家に頼んだりして、お金を使って、

それなりの苦労をして集めているんです。


それなりと言うのは、1カ月に50万円とか100万円とか、それ以上の金額ですよ。

でも、小規模でネットショップを始めたばかりの人に、そんなにお金、ありませんよね。


私も苦労しました。

でも、今は、私の会社でネットショップ用のマガジンをいくつか出していますが、

全体で、3万人ほどになります。

次は、4万人めざしています。

大手の懸賞サイトに頼んで300万円くらい使えば、

すぐにでも10万人くらいの読者は集まります。

でも、それは、ターゲットを絞っていない読者です。


私のマガジンは、3万人ほどですが、

300万円かけた10万人の読者とは質が違います。


やっぱりターゲットを絞った読者が増えれば

マガジンの発行
にも力が入りますし、

何よりも売り上げが上がります。



お金をかけないで読者を増やす方法に、相互広告は一般的です。

でも、相互広告は、やりとりがメンドウなので、自分からたくさんは、していませんでした。

読者数が増えると、いろんなところから相互広告を頼まれますが、

礼儀正しく頼んできたところだけ返事出してます。

今の30,000人の読者を集めるのに、ほとんどお金を使っていません。

本当です。



どうやったか、教えましょうか。

隠さずに、ちゃんと言いますね。

それはですね。


自社でプレゼント企画を打ち上げるのです。

懸賞と言うやつです。

でも、これね、うまくやらないと、イウほど読者集まりません。

集まったとしても、プレゼント欲しいだけで、

お客さんになってもらえない人ばかり集まっちゃうんです。

プレゼント企画が終了すると、マガジンをドンドン解除して、

スグに元に戻っちゃうんです。

そんな人を、いくらたくさん集めても、ボランティアでプレゼント送ってるみたいです。

やり方がヘタだと、損ばかりです。

私ね、いろいろ研究して、実験して、わかったんです。

この方法なら、読者も増えるし、見込み客を集めることができるんです。

それからと言うもの、マガジンを書くことが、楽しくなりました。

たくさん読んでもらえて、ショップの商品も売れて、

今度は、どんなお話しを書こうか、いつもワクワクしています。

商品とからめたネタ探しが楽しいのです。




まぐまぐでメールマガジンを発行している人は、知ってると思いますが、

2005年に、ちょっとの間、読者の代理登録ができなくなりましたよね。

2006年にも代理登録が、有料化されたり、まぐまぐのシステムに変化がでています。

そのとき、懸賞で大量にアドレス集めてたところ、ものすごく困ったみたいですよ。

でも、私のところは、全然、困りませんでした。

この方法だと関係ないんです。

懸賞だけど代理登録しないんです。

でも、読者、集まるんです。


CGIで自動登録とかの方法じゃないですよ。

この方法、教えてあげたいんですが、みんながやりだすと困るから、

それなりの正当な対価を私にくれる人にだけ教えようと思うんです。

ダウンロード・セミナーにしましたから、

教えて欲しい人は下の方のところでクリックしてください。


「なんだ、売り込みか。」と思った方、


このまま、鳴かず飛ばずのネットショップ・メルマガライターでいいのですか?


私が実践して、結果を出している方法をまとめたわけですが、

広告費に毎月、50万円とか100万円とか使える人には、必要ないと思います。


お金はかけられないけど、何とか早くマガジンを濃い読者で、1000人とか2000人とか、

まぁ〜〜、5000人とかにして、

欲張って1万人くらいにならないかな〜〜と思っている人で、

どうやったらいいのか解らない人には、
すごい内容です。


懸賞をどっかに丸投げしてやってくれる業者もありますが、

そんなところに頼むと10万円、20万円、

アドレス収集の数によっては、もっとかかりますよ。

それも、ショップのお客さんにならない、

タダの賞品欲しさの人ばっかりのアドレスですよ。

ゴミ箱行きのマガジンをそんな人々に出しても、

なかなか売り上げに貢献しませんね〜〜。

自分で全部やるこの方法なら、賞品のお金と発送料金くらいで、
ほとんどコストがかかりません。

賞品も自分のお店のものを活用すれば、
ほとんど仕入れ値ですから、お金いりません。

このダウンロード・セミナーを買ったって、

業者に頼んでやること考えたら、一回分以下で元が取れちゃいます。

安いもんです。


相互広告は、お金がゼロで、もっと安上がりですが、
メチャメチャ時間と労力がかかります。

それに、そんなに読者増えません。

相互広告の相手にもよりますが、頑張っていろいろとメールを出して、

何回もやりとりして、数人の読者が増えるだけです。

でも、マガジン発行者同士が仲良くなれるところは、非常にいいです。

地道に仲間作りも兼ねて、お互いに読者を増やしたり、

情報交換したりといったい意味の方が大きいと思います。



一方、今回のセミナーの方法だと、少しのコストで本当に読者が集まります。

ヘタな広告打つより、よっぽど集まります。

コツコツと地道にやっていれば、毎月数百人から2千人くらいの読者が増えます。

1万人も夢ではありません。


この方法は、ヒントを言っちゃうと、考え方をチョッとズラして、
懸賞プレゼント企画を実施する方法なんです。

読者がなかなか集まらなくて

元気をなくしているメールマガジン発行者のあなたへ、

是非、教えてあげたい内容です。


スグに教えてあげたいんですが、

私も苦労してこの自信たっぷりの方法を作り上げたので、

すみませんが下のクリックからと言うことでお願いいたします。


ネットショップに限らず、ネットを通してメルマガを活用し、

これから起業をしたい、起業したばかりの人で、

メルマガ読者をどうやって集めたらいいのか、わからない人が対象です。

マガジン読者集めのコストを抑えたい方にもおススメです。

既に、メールマガジンを使ってバンバン儲けている人は買わないでください。


それから、チョッと気になって、自分には役に立ちそうだと少しでも感じた人は、

スグに手に入れたほうがいいと思います。


私が実際にやって成果のある方法をまとめた苦労のタマモノですから、

本気で早く知りたい人、本気で早く読者をたくさん集めたい人、

マガジンで見込み客を集めて、バンバン儲けたい人は、

早めにクリックして申し込んでください。


みんなやっている、プレゼント集客ですが、


みんな、
へたクソ!なんです。



あなたの周りに、こういう人っていませんでしたか?

受験勉強で、いつも遊んでばかりいるのに、アイツ!できる!

いつも、1番か2番!!

あいつ!いったい、いつ勉強しているんだ!!

ってヤツいませんでした?


なぜでしょうか?


それは、やり方が違うからなんです。

同じ時間でも、手っ取り早くやる方法というものがあるのです。

ネットショップの集客も、やり方があるんです。

同じ懸賞プレゼント企画でも、やり方があるんです。

やり方を間違えると貧乏ヒマなしなんです。

懸賞をやるといいですよ!なんて、ネットショップ関係のビジネス書には、

みんな書いてあります。

でも、本当のところのやり方を書いていないんです。

「コツ」と「つぼ」っていうやつが、わからないんです。

いろいろ、やってみて試行錯誤して、

何年もかけて、いい方法や「コツ」と「つぼ」が身につくのですが、

ネットショップを立ち上げて、早く読者を増やして、早く儲けたい人は、

早くいい方法を教わったほうがいいと思います。


確実に読者が増えていけば、今後のマガジンの発行に見通しがつきます。

読者数が少なくて、元気がなくなっているあなた、

どうぞ元気を出してください。


このセミナーで

鳴かず飛ばずのネットショップマガジン発行者から脱出しましょうよ!





■このセミナーの特徴や効果の一例です。


■ターゲットを絞った読者を毎月増やす方法。

■まぐまぐベスト10に入る方法。

■いきなり1000部から創刊し、3000部の壁を突破し、
 5千部、1万部のメールマガジを作る方法

■ひねりあり!王道あり!
 懸賞でも、ハウスリスト、顧客リストへドンドン加わる、
 濃い読者獲得の戦略!

■見かけの読者を増やすのではなく、儲かる、売り上げアップの読者増!
 懸賞企画で宣伝、集客は、こうやる!

■20万円〜30万円かかる有料懸賞読者増サービスとくらべて、解除率激減!
 読者補充のコスト削減!これで毎月読者が増える仕組み。

懸賞集客の常識をくつがえす、
   この考え方の大転換が、それを可能にします。


■読者の声がザクザク集まる、喜びの声収集法。
 最高のセールスレターはお客さんの喜びの声!

■ここまでやるか!どこまでも追いかける見込み客奪還の極意!
 これだけ緻密に戦略を練って、追いかけるから見込み客になってもらえる。
 「すごいです。気がつきませんでした。」

■低コストで濃厚読者を獲得して、あなたは人気者!売れるメルマガ発行者。

■1万人読者にメールマガジンを配信する、あの快感!

■有料懸賞読者増サービスでは、1アドレス20円〜30円。
 1000アドレスで2万円〜3万円
 5000アドレスで10万円〜15万円
 10000アドレスで20万円〜30万円
 もう、これからはこんなにコストかかりません。

■有料懸賞読者増サービスで集めた読者は、ドンドン解除していきます。
 一回のマガジン配信で500人から700人くらい減っていきます。
 金額に直せば、マガジンの発行の度に、15000円から20000円くらいを
 ドブに捨てています。
 もう、こんな無駄なお金を使いません。

■あなたのサイトとメールマガジンが、にぎやかになり、ワイワイ感が漂いだす。
 売れるサイトの条件が整いだします。

■懸賞をキッカケとしたターゲットの絞込みとコミニュケーション術

■メールマガジンはまだまだ儲かる、メルマガ後発組みでも大丈夫!
 売れるメルマガ、儲かるメルマガ構築!

■この演出で、懸賞でもお店のノレンをくぐらせる、行列のできるネットショップ。

■アドレスを数だけとしない、どこまでも見込み客の追求、見込み客アドレスは宝の山!

■この仕込みで毎月ザクザク読者が集まる。
    それも自分で登録する読者が!

■集客スケジュール、こうして波をおこせ!計画、戦略、具体化大作戦!!

■ターゲットの絞込みは、これがあるからできるのです!

■定石を定石に終わらせない、宣伝、メルマガ読者増、ハウスリストの構築。
 そして、あなたの商品がバカ売れする!



さらに■2006年増補版■で

    <懸賞アドレスから、新しい読者を呼び込む、アドレス転換、増殖法>


1日200人の読者を獲得する
2006年バージョンのアドレス転換、増殖法!
まぐまぐでのブランド化、独自配信、
懸賞では見込み客が集まらないと、
みんなが思っているからちょうどいい・・・など



どういうことかと、申しますと、

これまでの経験で、新たな方法を編み出したのですが、

懸賞サイトからの呼び込みで、

その読者さんから、芋づる式に、新たな読者を獲得する方法に成功しています。

懸賞サイトから集めた読者数のだいたい20%〜50%

うまくいったときは、100%近くを、より濃い読者に転換してます。

転換した分は、上乗せされますから、

懸賞からの読者さんと転換した読者さんで、

相乗的に読者数が増えていきます。


よくわかりにくい表現ですが、

転換なんです。

転換した読者が元の読者数に上乗せされていくんです。


一回の懸賞企画から、芋づる式に、別なところの人びとにリーチできるんです。

だいぶ、ヒントを申し上げました。

懸賞サイトからの集客が、ターゲットを絞ったハウスリストに転換していくのです。

同じ人ではなく、別の人を呼び込んでくれる方法です。

この内容も、2006年増補版で加わっています。



こうして、メルマガ読者が増え続け!売り上げ倍増!読者1万人にメルマガを発信する快感!ネットショップも!アフィリも!情報販売も!だまっていても立ち止まる!宣伝・集客の極意。読者増強で売れるメルマガの構築!

セミナーの詳細です。
(ダウンロードしてスグに聞けます。)
↓↓↓


写真はイメージです。商品は、PDFのEブックと音声データをダウンロードしていただき
即刻、手に入れることが出来ます。


<ダウンロード・セミナー・セット一覧>

●『メールマガジン読者を集める確実な方法』テキストPDF版90ページ

●『メールマガジン読者を集める確実な方法』セミナー音声
  (約1時間30分)MP3データ

●図解豊富なセミナーのレジュメ PDF版14ページ
 (ダウンロード後、印刷してから音声セミナーをお聞きください。)

●おまけの懸賞登録サイトリンク集
       ↑↑↑
このおまけのリンク集が役に立つ!おまけのくせにこれだけでもとは取れますね。
懸賞代理登録の仕事ができそう!?

■2006年増補版■1日で200人のアドレスを集める転換増殖法、
 (テキストPDF40ページ)

※商品の引渡し方法は、PDF(電子書籍)にて ダウンロードURL配布となります。
※PDFをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。(ほとんどのパソコンには問題なくあるはずです。)


『メールマガジン読者を集める確実な方法』<目次>

――――――――――――――――――――――――――――――――
■懸賞プレゼント企画でコストをかけない集客成功術
●ネットショップのメールマーケティング術・まだまだ儲かるメールマガジン
●究極の対面販売
●集客にお金をかけることの出来ない時期のネットショップには、
 それなりの方法がある
●メールマガジンの現状
●まぐまぐの新着ランキングは、代理登録ができない期間、劇的な変動が起きた
●数百、数千人の読者から、顧客を増やす

■懸賞プレゼントの徹底活用で戦略的に読者を獲得する
●そもそもインターネットの懸賞のシステムとは
●懸賞を使った集客・宣伝
★懸賞賞品を選ぶ
★賞品の写真撮り
★当選者数
★懸賞の期間
★年間・月間スケジュール
●驚き手法!でターゲットの絞込み
★応募用ページの準備
★まぐまぐ代理登録の廃止で激震!!
★これが驚き!懸賞だけど代理登録によらない読者獲得手法
★読者の声が続々届く攻めの読者定着法
★登録ありがとうページ
★効果的な自動返信メール
●まぐまぐ代理登録機能改革の方向性

■懸賞サイト攻略!!
●懸賞サイトのリストアップ
●効果的な懸賞サイト登録法
●イザ!懸賞サイト登録!懸賞サイトへの登録には、タイミングが重要
●登録を合理化
●検索エンジン対策にも効果あり!

■応募締め切り後の作業でPR大作戦!
●応募締め切り表示
●当選者の選定
●抽選結果発表で攻略
●当選者へのメール・賞品の発送
●懸賞終了後のアドレス活用

■まぐまぐでの新マガジン発行で戦略的宣伝・ベスト10入りをねらう!
●まぐまぐでの発行申請
●ウィークリーまぐまぐの上部に表示されるために
●ベスト10入りのスケジュール

■おわりに
・見込み客に育てる取り組みをデザインする
・今、実行した者の勝ち!本気の自分を演出しよう!
――――――――――――――――――――――――――――――――


■2006年増補版

はじめに(マガジン読者増の動向)
● 懸賞アドレスとは・・その特徴的な性質
● 懸賞アドレスの有効活用
●懸賞アドレスの増殖と有効化・・・懸賞アドレスの転換
●2006年9月実施のデータ紹介
●懸賞アドレス転換作戦その2
●有料懸賞読者増のサービスで出来ること
●まぐまぐでの読者増の考え方と方策
●独自配信とまぐまぐベスト10
●終わりに

――――――――――――――――――――――――――――――――





●ご購入になった方からのお便りご紹介


ネットショップを始めたばかりで、宣伝の手段としてメールマガジンをはじめたのですが、
なかなか読者が集まらなくて、本当に元気をなくしていました。
ちょうど私の気持ちを代弁してくれているようなうたい文句で
宣伝をしていたので早速注文してみました。
届いてから聞いてみると、なんだ!そうだったのか!と叫びたくなりました。
自分で実行するぶんにはお金がかからないので助かります。
まだ、はじめたばかりですが、毎日、20〜30人くらいづつ読者が増えています。
この調子だと500人から1000人くらいは一気に増えてしまいます。
このCDの金額だけで、これだけの方法がわかって本当に大助かりです。
(↑昨年までは、CDで販売していました。)
(福岡県・Sさん)



これなら、何とか読者さんを増やせそうです。
大部数のマガジン発行者さんたちは、こんなことをしていたのか〜〜っと、
やっとわかりました。
それに五郎さん流の一工夫が加わって、
関心を持ってくれそうな人をマガジン読者に迎え入れそうですね。
まだ、聞いたばかりですのでこれから実行してみます。
今回は、なんだかいい買い物をしたと思います。
ありがとうございました。
(千葉県・Hさん)



メールマガジンはまだ発行手続きをしていないのですが、
思いきって注文しました。ネットショップも準備中で、
いろいろと情報を集めているときにこのセミナーを見つけました。
ネット関係はいろいろと情報が散乱していますが、
このセミナーは、本当に具体的な方法がわかって、なかなかいいと思います。
起業理念とか、行動を起こせ!とかいうものが多い中で、
具体的な方法を教えてくれるものが、
今、始めている私のようなものには、本当に必要な情報でした。
メールマガジンもまだ発行していないのに、
こういう方法もあるのだと知ってから読者集めをすれば、希望がもてます。
これから、頑張っていきたいと思います。
(埼玉県・Yさん)


CDセミナー第2弾、本日届きました。
前回も、ガッツがありましたが、今回もガツ〜〜ンときますね。
こんな方法でマガジン読者を集めていたなんて!
もっと早く教えてもらいたかったです。
これから、頑張って取り掛かります。
いい情報をまとめていただいて、本当にありがとうございました。
(京都府・Oさん)

(前作のCDセミナー『あなたもできる個人で本を出版して儲かる秘密・副業で情報起業入門』は、
自分の中に潜んでいる能力を形に仕立てて、無名の商品を無名な人が、いかに売り込むのかを実践的に
解説、提案しています。日本の情報起業ブームを仕掛けていました。)



去年からメールマガジンをはじめましたが、読者が50人ほどしかいなくて、
もう廃刊しようかと考えていたところでした。
ちょうどそんなときに、このセミナーが目にとまって、
ついつい購入してしまいました。
私にとっては、ちょっとした出費でしたが、セミナー聞いてみて、
十分、元は取れたと思います。
いまは、廃刊どころか、私も1万人目指して頑張りたい気持ちでいっぱいです。
役に立つ情報をいつもお伝えくださりありがとうございます。
これから、頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
(神奈川県・Mさん)


こんな風に集客して、こんなことやっていたから販売に結びつくんですね。
それで、儲かっていたんですか。感心しました。これから私も頑張ります。
(鳥取県・Yさん)


謎かけばかりで、注目させて、思い切って買ってみるとスカスカ情報ばかりの
情報商品が多い中で、これは本当に具体的で良くわかりました。
ここまで、やるんですね。
ネットで宣伝して集客することの基本とひねりが良くわかりました。
(兵庫県・Sさん)

キッカケ作りですね。これならいっぱい、いろんな人とキッカケができます。
次は、メールマーケティングの始まりですね。
これから、売り上げ倍増に向かって実行あるのみです。
(福岡県・Tさん)


実際に商売をやっていない、最近の若い人の情報商品は、販売画面がうまくて
ついつい買ってしまうんですが、買ってがっかりするものが多いんです。
このセミナーは、商売を実際にやった人だけら話せる実践的で具体的な
マニュアルになっていました。これは、推薦できます。
(大阪府・Hさん)


いままで懸賞で集めた人は、お客さんにならないと思っていましたが、
こうすれば、見込み客として集客できます。
読者数を追求しつつ、見込み客として、どこまでも食いついていますね。
それがシステムとしてつくりあげられ、このメールマーケティングの凄いところですね。
ターゲットを絞り込んで、集客です。
懸賞集客を見直しました。
これからは、何十万円もつぎ込んで、数だけのマガジン読者集めは、止めます。
(静岡県・Aさん)


こうすれば、読者が自分から登録してきますね。
なるほど、気がつきませんでした。
代理登録もいらないし、濃い読者が集まるし、
懸賞集客も捨てたもんじゃないですね。
(山形県・Sさん)


アフィリエイトサイトを運営しています。
この方法で、やればネットショップだけでなく、
私のようなアフィリだけの情報サイトにも役に立ちます。
宣伝、集客と言う点では、ネットショップもアフィリエイト・サイトも同じことですから、
今回のこの懸賞プレゼントの手法を取り入れたいと思います。
今回は、本当に勉強になりました。
インターネット集客の大きな一角を押さえた感じです。
今後のご活躍を期待しています。
(石川県・Tさん)

マガジン読者を集められなくて、次の段階が見えてこなかったんです。
アドレス集めには、いろいろな方法があって、たくさんの教材が出回っていますが、
この方法は、もう一度、原点を見直したような感じです。
しかも、今まで考えていたこととだいぶイメージが変わりました。
その原点を見つめなおすことができました。
これで、気持ちを引き締めて、前向きに進むことができます。
本当に有難うございました。
(鹿児島県・Oさん)

勉強になりました。これからもよろしくお願いいたします。
(山口県・Wさん)


●みなさん、ありがとうございます!

 いただいたお便りは、匿名にて掲載いたしますので、

 ドンドンお便りお寄せください。




今回のセミナー

メールマガジン読者を集める確実な方法』の内容を実践するのに、


企画から、全て、コンサルタントに頼んだり、専門業者に頼んだりしたら、

20万円から30万円以上はかかります。

今回は、私が実践して、結果を出している方法ですが、

全て自分で実行する方法をまとめてあります。

ですから、代行料金とは違う金額になります。


さらに、一度習得すれば、ずっと活用できます。

ご自分の労力がかかる分、安く提供することができます。

一般的な広告料金と比べると、比較にならないくらい安い金額に設定しました。

それをこれだけの金額で提供できるのも、今だけですので、

しばらくしてから、このページをのぞいたときに値上げしているか、

または、発売を終了しているかも知れません。

どうぞ、ご了承ください。

写真はイメージです。商品は、PDFのEブックと音声データをダウンロードしていただき
即刻、手に入れることが出来ます。

<ダウンロード・セミナー・セット一覧>
●『メールマガジン読者を集める確実な方法』テキストPDF版90ページ
●『メールマガジン読者を集める確実な方法』セミナー音声
  (約1時間30分)MP3データ
●図解豊富なセミナーのレジュメ PDF版14ページ
 (ダウンロード後、印刷してから音声セミナーをお聞きください。)
●おまけの懸賞登録サイトリンク集
■2006年増補版■1日で200人のアドレスを集める転換増殖法、
 (テキストPDF40ページ)
※商品の引渡し方法は、PDF(電子書籍)にて ダウンロードURL配布となります。
※PDFをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。(ほとんどのパソコンには問題なくあるはずです。)



◆今だけの特別ボーナス!!

上記の商品とは、別に、強力なオファーを演出する

スピニング・ウインドウ・ジェネレーターを今回、
特典ボーナスとしてお付けしています。


このページをご覧になったときに、クルクルと出現したスピニング・ウインドウを
あなたの販売ページ、マガジン募集に、強力な武器として備え付けませんか?

通常5800円のこの商品、今回は、『メールマガジン読者を集める確実な方法』を
ご購入くださった方に特別ボーナスとしてお付けします。
詳しい設置の解説書も付属しています。
ホームページを作成できる方なら簡単に設置できます。
このチャンスにどうぞご活用下さい。

しかも、このソフトは、なんと!「再販売権」が付いています。
どういうことかと申しますと、このソフトを入手したあなたが、
あなたのつけた金額で販売しても良いという権利です。
販売した代金の全てが、あなたのものになるのです。

詳しくは、ご購入後の解説書をご覧下さい。スゴイですよ〜〜。


さらに!無料ボーナス特典!



Audio Video Pro

オーディオやビデオデータURLを指定するだけで

簡単に下記のようなボタンを作成し、

ウエブサイトに設置することができるソフトです。

見本画像です。
見本画像です。

操作は、いたって簡単、図解入りの説明PDFファイルも付属しています。

商品紹介のオーディオファイル、動画ファイルをあなたのサイトに設置し、

マルチメディアで説得力のあるオファーを展開してください。

販売促進に威力を発揮します。


しかも、

 こちらの特典については、設置解説書とソフトをそのままの形で

  無料再配布していただいて結構です。

    あなたの運営サイトにてご活用下さい。←どういうことかおわかりですね!




さらにボーナス特典

ウエブテンプレートコレクション

40種類もの洗練されたデザインのウエブテンプレート集です。

ホームページビルダーなどでご自由に変更を加え、洗練されたデザインのサイトを直ぐにでも構築できます。


下記のようなシンプルで、かっこいいテンプレートがいっぱいです。

海外webマーケティング情報の1.b-cre.comサイトです。こちらもテンプレートを利用して作成されています。)

ひとつのパッケージ3,000円相当。(合計9,000円)




メールマガジン読者を集める確実な方法


『メールマガジン読者を集める確実な方法』

特別ボーナス付き
19,800円(税込み)

今すぐお申込
↓↓↓
クレジットカードまたは、銀行振込で申し込む


インフォトップからダウンロード販売しています。

●特定商取引に基く表記



申し込み、迷いますね。

でもね、

マガジン読者を数千人から1万に、それ以上にすることは、

早いほうがいいんですよ。



インターネットにつながっている人口は、

今の日本でどれくらいか、知ってますか?

2005年の『インターネット白書』では、7000万人だそうです。

世帯数で言うと80%の世帯がインターネットにつながっているんです。

携帯のインターネットも入っていますが、それをのぞくと、

55%の世帯がパソコンでインターネットにつながっているそうです。

日本の半分以上は、インターネットですよ。


その中で、メールマガジンの様子は、まぐまぐの例では、

延べでマガジン読者登録数が約2800万人です。

仮に1人3誌、購読しているとして930万人です。

まあ、1千万人弱といったところです。


マガジンを発行する側は、約3万誌です。


そのうち、

読者数が100人以上あるマガジンは全体の26%です。


全体の4分の3は、なんと読者数100人以下なんです。

ちなみに、詳しいデータをみると、

読者数200人以上ですと、20%

読者数300人以上では、16%

読者数500人以上では、13%

さらに読者数1000人以上では、8%です。

もっと見てみると、

読者数2000人以上は、5%

5000人以上は、2%


読者1万人以上は、たったの1%です。

そして、

この、1%の発行者の数はたったの300誌です。


読者1000人以上の上位8%のマガジン数は2500誌です。


いっぱい数字を取り上げましたが、どういう意味かわかりますか?


インターネット人口7000万人

まぐまぐ発行誌数3万誌

そのうち読者数1000人以上の発行誌数はたったの8%。

1万部以上は、1%の300誌。


インターネット人口の中では、まだまだ広がる可能性のある分野です。

インターネット全体は7000万という数字なのに、

メールマガジンの世界は、3万とか1000人とか、300誌とか、

小さい数字ばかりです。


これからは、ブログでRSSだ、SNSだ、WEB2.0だ!

とかいっていろいろなところで騒いでいますが、

それもいいんですが、

メールマガジンもまだまだ有効な手段です。


まだまだ、未開の地がたくさんあります。

メールマガジンでもそれなりの地位を築いて、その他でも宣伝して

いろいろと相乗的に展開する必要があります。

なるべく早くそういった活動を軌道にのせ、

自分のメディアを構築して、媒体力をつける必要があるのです。

メールマーケティング、リストマーケティングを基本戦略に、

いろいろなツールや、ノウハウが活きてくるんです。



今回、ご紹介したセミナー

メールマガジン読者を集める確実な方法では、

読者1000人は、本当にスグに集めることができます。

即効性があります。

何十万円もつぎ込んで読者を集めないでも、

継続して頑張れば、5000〜10000人も達成でます。


と、言うことは、まぐまぐでの発行部数上位8%に入るには、

このセミナーで、すぐにでも可能です。

トップ1%にも手が届きます。



メールマガジンの発行は、毎回、何を書こうかと苦労します。

同じ苦労でも、100人の読者に読んでもらうのと、

10000人の読者に読んでもらうのとでは、

どちらがいいですか?

こたえは決まってますね!

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

あなたもまぐまぐ発行部数上位1%に入りませんか!

このセミナー『メールマガジン読者を集める確実な方法』を

ご縁に、いろいろな活動を展開していけたらと願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


申し込み



さ〜〜ぁ。本当に申し込み、迷いますよね。

その気持ちわかりますよ。


私もいろいろとビジネス関係のノウハウものや資料など、

たくさん購入して研究しています。

私も、いつもどうしようか迷います。

でも、最後に考えるのは、
やはり、自己投資に予算を使わないと
なかなか十分な結果は出せないと言うことです。

ましてや直接売り上げにつながりそうな情報は、
予算が許せばドンドン手に入れたほうが加速的に商売もうまくいきます。

何でも自分でゼロから調べたり、実験したりすることも必要ですが、

目標達成を早くしたい場合は、
コストをある程度かけて早く情報を持ったものの勝ちです。

それは、はっきりしています。

このページも最後に近づきました。

本当にここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

プレゼント企画を上手に活用する方法で、

これから何かをしようとしている

あなたの時間と労力を小さくする提案を最後にひとついたします。


このセミナーをご購入頂きましたら、申し込み頂いたメールアドレスへ、

フォローのための5回に渡るメール・セミナーをお送りいたします。

懸賞サイト登録方法の大合理化作戦、宣伝媒体情報、

無料レポート法など他のアドレス収集方法との併用の仕方で

マガジン読者を、更にパワーアップする方法や

相互紹介を顧客管理ソフトのシステムを利用して

一気に1000マガジンに仕掛けた方法など、

セミナーにまとめきれなかったお話しをお伝えいたします。


今なら、特別ボーナスが多数ついています。


あなたのマガジンを強いマガジンにしませんか?

どうぞ、よろしくお願いいたします。


申し込み


なぜ!あなたの商品は、うれないのか?


それは、消費意欲に満ちあふれた市場の大海原で、

あなたは、インターネットの孤島に

いませんか?


私は、ここにいます!!

あなたの欲しい、こんな商品が、

ここにありますよ!・・・と


知らせない限り、

あなたの商品は、

けっして、けっして、けっして、

だれも、買ってはくれません。

なぜなら、その存在を知らないからです。


宣伝・集客をしない限り、絶対に商品は、売れません。

宣伝・集客の極意はこちら↓↓↓



『メールマガジン読者を集める確実な方法』

特別ボーナス付き
19,800円(税込み)

今すぐお申込
↓↓↓
クレジットカードまたは、銀行振込で申し込む

クレジット決済では、即日ダウンロードいただけます。
銀行振込では、ご入金確認後になります。


インフォトップからダウンロード販売しています。
●特定商取引に基く表記
Copyright (C) 2005 アクリネット有限会社、All rights reserved.

このページのトップへ戻る

img img img img img