アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法」
きらこ よしえ のお送りする、テキスト教材です。

雑誌『いきいき』で紹介されました。

『着物を始めたい! 着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
↑↑↑こちらと   ↓↓↓こちら!  両方どうぞ。
全30回のメール講座を無料で受講できます。
よしえ流着物講座 着物講座もくじへ

えもんの抜き方

首の後ろを見せる=えもんを抜く、つまり

衿の後ろ中心を、どれだけ首から放すか。

これは、その人の個性がでる場所であり、

着物の種類によって、ある程度の、基準みたいなものがあります。


花嫁さん、

これは、もう、背中が見える程に、抜きます。

振袖のお嬢さん、

こぶしひとつくらい(約10〜11センチ)抜きます。

留袖、訪問着など、礼装用の着物の場合、

指4本くらい(7〜8センチ)抜きます。


こういった、晴れの日の出番はあんまりありませんので、

一応、頭の片隅にしまっておいてください。


では、普段に着物を着る場合の、おおよその基準、とは、


”抜きすぎない”ことです。

つまり、指3本(5〜6)センチくらいまでにすることです。

首の後ろに指が、2本入る程度で、3センチくらい。

およそ、3センチから6センチくらいの抜き方が、良いでしょう。

えもんを抜きすぎると、色っぽくなります。

夜のお仕事に出かける感じ。

自分では、わからなくても、

人には、とても、目につくところですから、

着るとき、鏡を見て、確認してください。



小紋、無地、付け下げなどの、やわらかい着物は、多め、

紬、ウール、綿など、かたさのあるものは、少なめ、

にすると覚えておくと良いです。


着慣れてくると、自分に合った、えもんの抜き加減が、

わかってきます。

そして、自分らしさ、がでてきます。



つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img