アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』

着物入門編
無料電子ブック配布中

リサイクル着物でお気軽着物生活。はじめの一歩をこの無料ブックで今スグはじめてみませんか。
「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法」
きらこ よしえ のお送りする、テキスト教材です。

雑誌『いきいき』で紹介されました。

『着物を始めたい! 着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
↑↑↑こちらと   ↓↓↓こちら!  両方どうぞ。
全30回のメール講座を無料で受講できます。

よしえ流着物講座 着物講座もくじへ


きものを着た時の身のこなし方

<立ち方>
姿勢が肝心。前かがみになったり、また後ろに反り返らないように、
下腹を引き締めて背筋を伸ばし、あごは少し引きます。


<歩き方>
A 普段よりすこし内またぎみにします。
洋服のときより歩幅は小さめにしましょう。
前合わせが開きやすいので、着くずれを避けるためにも、 右手できものの上前を押さえておくと、きれいに見えます。
B 階段では、右手ですそをつまみ持って上がります。
降りるときは、足を少し斜めにして降ります。振袖などでは、袖を踏まないように、左右のたもとを重ね、左手で下から支えるように持ちます。

 <車の乗り降り>
車にのるときは、足を残したまま、車外からシートに腰かけます。
そしてお尻を軸にして、両足をそろえたまま、体をまわして前を向きます。
帯結びをつぶさないために、浅めに座ります。降りるときは逆の手順で、まず車外に足を出してから、体全体を外に出します。


 <いすに座るとき>
しわがよらないように、ヒップからひざにかけてきものの後ろ側をなでるようにして着席します。帯をつぶさないように、背もたれには寄りかからないで、浅めに座ります。
背筋をのばして両ひざをつけ、ぞうりのつま先は、内またぎみにして座りましょう。
着席・離席は左側からが基本です。



 <手を上げるとき>
電車など乗り物に乗ってつり革につかまるときなど、
手を上げて、二の腕が見えてしまうのは見苦しいものです。
つかまらない方の手で、袖口を引くようにつまみましょう。
遠くのものを取るときでも、袖口に手を添えておくと、
美しい身のこなしになります。


 <座布団に座るとき>
まず、座布団の後ろ端に、両ひざが少し乗るように正座をします。
そして座布団の両端に指をつき、その指に体重をかけて身体をうかせ、スッと前へ移動します。
または、片ひざずつ身体をにじりよせていく方法もあります。
立ったまま座布団の上に乗るのは、マナー違反になるので気をつけましょう。


 <お茶や食事をいただくとき>
うでをのばしたとき、袖がテーブルの上にきて、袖を汚したり、
グラスを倒してしまわないように気をつけて。
片方の手で必ず袖を持つようにしましょう。


 <トイレに入るとき>
なるべく広い洋式トイレを利用するのが良いでしょう。まずは、上前と下前のつま先を持って、すそを後ろ側まで大きくまくります。
すそが落ちないように、つま先を帯の上からはさみます。
長じゅばん・すそよけも同じ手順です。
出るときは、後ろ側のおはしょりと帯のたれが、
上にまくれていないか確認しましょう。
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』

着物入門編
無料電子ブック配布中

リサイクル着物でお気軽着物生活。はじめの一歩をこの無料ブックで今スグはじめてみませんか。
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img