アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法」
きらこ よしえ のお送りする、テキスト教材です。

雑誌『いきいき』で紹介されました。

『着物を始めたい! 着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
↑↑↑こちらと   ↓↓↓こちら!  両方どうぞ。
全30回のメール講座を無料で受講できます。
よしえ流着物講座 着物講座もくじへ

お手入れ(虫干し)


「虫干し」は、簡単にいうと、着物の湿気を飛ばして、

乾燥した空気を着物に吸い込ませてあげること、です。


一年中で、湿度の少ない5月と、

10〜12月 あるいは、2〜3月に一度の

年2回行うのが、理想的です。

乾燥が目的ですから、

晴れた日が2日続いた次の晴天の日が、

地面からも湿気をよばない、最も適した日になります。

湿気の多い、雨の日の翌日は、避けます。


 「畳紙(たとうし)に入れて、桐のタンスに収納してあるから、

  着物の呼吸は充分出来てるはず」だと安心してはいませんか?


どうも、畳紙(たとうし)は、以外に通気性が悪くて、

着物が呼吸しにくい状態になっているらしいのは、

しっかいや(着物の手入れ全般を仕事にしているところ)さんの常識で、


「畳紙(たとうし)に入れて、桐のタンスに収納してある」=「安心」

とは、考えないほうがいいでしょう。



「虫干し」の際に、ぜひとも気をつけていただきたいのは、

次の4点です。

★太陽光線にあてない(色あせの原因に)。

★蛍光灯の光にあてない(色焼けの原因に)。

★前日も晴れていた日の、10時〜4時半くらいまで(夕方は湿気が出る)とする。

★窓を開けて吊るし干しに。





「うわ〜面倒〜〜」

「着物買ったのはいいけど、こういうのがね〜」

ン?ン?ン?

もしや、「部屋中にロープを張りめぐらせる場所がないゾ〜」

「どうしようか?・・・」なんて・・


なにもそこまで本格的でなくっていいですよ。

昔は、何部屋も続く和室があったからこそ、あたりまえの風景でしたが、

着物たちに呼吸をさせてあげるためには、

えもん掛けに掛けて吊るすだけでもいいんです。

そうすれば、4時間あまりを、そのままにしておけます。

ただし、何着も重ねるように吊るしては、呼吸しにくいですから、

あちこち手分けしなくてはね。



この、虫干し、

絹の着物・羽織・帯、そしてついでに、帯揚げ帯締めも、

するといいですよ。

ウール製品は、ドライか水洗いの後しっかり乾燥させていれば、

虫干ししなくてもいいです。



虫干しできるような広い部屋がないワ、

何着も吊るせる場所がないワ、

とお困りの方、こんな方法があります。


これは、つむぎやのよしえが、木工作家の夫に、

着付けにも、虫干しにも、ベンリに使いまわせる道具の開発、製作を依頼して、

出来上がった、頼もしい道具です。


この道具、「狭い場所」でも、
  
     「高い位置」でも、

   着物が吊るせるように、工夫しました! なんと、

  ★着物をかける棒のトップから土台に触れるところまで★
    ★ 176〜196センチ ★

これだけあれば、身丈173センチまでは、ゆうに吊るせます。

着物が引きずってしまうことは絶対、ありません。

これだけの高さは、洋服を吊るす家具の中にはどこにも見当たりません。

さらに、

内寸、41センチの幅にすき間をあけて吊るせば、

5〜6着は、一度に風通し(虫干し)ができます。
        
詳しくはこちらへ→『着付けの味方』

ぜひ、ご覧下さい。

そしてさらに、軽くて、

好きな場所に持ち運びカンタン仕様になっていますから、

どこででも、ご使用可能です。


工夫に工夫をこらした便利道具で、

気持ちのいい着物ライフをお楽しみください。


つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img