アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法」
きらこ よしえ のお送りする、テキスト教材です。

雑誌『いきいき』で紹介されました。

『着物を始めたい! 着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
↑↑↑こちらと   ↓↓↓こちら!  両方どうぞ。
全30回のメール講座を無料で受講できます。

よしえ流着物講座 着物講座もくじへ


半衿(はんえり)をつける

ステップ1)
長じゅばんの表衿の方から三河芯を付ける。

三河芯(以下芯という)の中央を決め、左右対象の長さになるように、長じゅばんの表衿に芯を置き、端から2.5センチのところを、木綿白糸でざっくりと大きい針目でとじつける。見本は見やすいように赤い糸で付けてあります。

ステップ2
半衿を表衿に取り付ける。

半衿の中央を決め、左右対象の長さになるように、1)の芯に1センチくるむようにして、マチ針で止め、糸目が表に出ないように表衿の0.2センチ内側を縫いとめていく。難しい場合は、半衿を1センチ折ってアイロンで折りあとを付け、芯にくるみ、ごく端の方をまつっていく。


ステップ3)
半衿と芯を重ねて内側に折り、余分の半衿布を内側に折り衿肩あきをまつる。

半衿と芯をぴったり合わせて衿の内側に倒す。余分の半衿布は芯の内側に倒してしまい、中央から左右10センチくらいの、肩山につながるところまでを糸が表面にわからないように細かくまつる。肩山にかかるところは、0.5〜1センチくらい衿先にむかって、引っ張るようにしてまつる。


判襦袢の例

身頃は木綿で袖は、化繊です。襟元がくずれないようにひもが取り付けてあります。


裾よけの例

腰布以外は、化繊です。


つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img