アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法」
きらこ よしえ のお送りする、テキスト教材です。

雑誌『いきいき』で紹介されました。

『着物を始めたい! 着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
↑↑↑こちらと   ↓↓↓こちら!  両方どうぞ。
全30回のメール講座を無料で受講できます。

よしえ流着物講座 着物講座もくじへ


足袋のこといろいろ(含むお手入れ)





★足袋のお手入れ

白い足袋は、家に帰って脱いだら、
できるだけ早く手洗いをします。

洗濯機で洗うと、縫い目の細かい部分の汚れが取れにくいので、
面倒でも、手洗いにして、

小さなブラシ(古くなった歯ブラシでも)に石鹸か洗剤をつけて、
指先、かかとなど取れにくいところの汚れを取ります。

洗い残しのないようにし、すすぎは丁寧にします。

タオルで水気をふき取って、
かかととつま先をもって引っ張るようにして、

形を整えて、洗濯バサミで、
こはぜで隠れるところをつまんで干します。


白い足袋はこうして、いつも清潔なものを、
使うよう心がけます。

白い足袋での、外出、
例えば、目上の方を訪問するとか、

座敷の席で食事をするなど、
ぞうりを脱ぐような機会には、

替えの足袋を用意して持参すると安心です。



★足袋(たび)の言われ(語源)

江戸時代、旅に出る時には、履き物はわらじでした。

昔の旅は、延々何十キロも歩いていくわけですが、
素足でわらじを履いていると、足が痛んでしかたがないので、

鹿皮で出来た袋で足を包んで出掛けていました。

その袋は、わらじを履くのですから当然、
指が分かれています。

つまり、旅行用の特別の履き物だったというわけで、
名前はずばり「たび」になったということです。

そして、「足の袋」の文字をあてて、
「たび(足袋)」と読まれるようになったそうです。

(これは語源のひとつです。すべてではありません。)


★こはぜ

こはぜは、足袋を閉じる金具のことです。

現在は4枚付いているものを、普段用として使い、
礼装や日本舞踊などでは5枚こはぜの、
足首を深く被うタイプのものを使用します。

どうも戦前はこはぜがニ枚か三枚のものが一般的だったようです。

そして、さかのぼると、
明治以降になってから、今のようなこはぜを用いるようになり、

それ以前の幕末までは、
ひもをつけて、足首あたりでしぼるようにした足袋(あしぶくろ)が
足袋だったそうです。


★掛け糸

掛け糸は、こはぜを掛ける為ために縫い付けてある糸です。

この糸には、足の動きの強い力がかかるので
糸とは言ってもたこ糸とおなじような太さがあり、

切れないように丈夫に取り付けされています。


★足袋の履き方

まず、バナナの皮をむくような感じで、
足袋を大きく開きます。

そして指先をぴっちりとつけてから、
かかとを納め、こはぜを下から閉じます。

靴よりワンサイズ小さ目を選び、
足にぴったりと張りつくようにはくと、
とてもすっきりと見えます。

白い足袋の場合は、ぶかぶかしていると目立ちますので、
ぴったりのものを履くようにした方がいいでしょう。


つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img