アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法」
きらこ よしえ のお送りする、テキスト教材です。

雑誌『いきいき』で紹介されました。

『着物を始めたい! 着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
↑↑↑こちらと   ↓↓↓こちら!  両方どうぞ。
全30回のメール講座を無料で受講できます。

よしえ流着物講座 着物講座もくじへ


重ねの色目(春 藤・菫・牡丹・桃)


1)藤(ふじ)・・・表・薄色 裏・萌黄)

紫に咲き匂う藤の花をあらわした色目。

藤の花の色は奈良時代には「なつかしき色」とみなされ、

平安時代にはその色が、高貴な紫であることや、

藤が藤原氏の象徴であることなどから色の中の色と尊重された。

藤は漢名の藤紫からとった名で、

和名のフジは「吹き散る」ことの意味とされています。




表・薄色
裏・萌黄

2)白藤(しらふじ)・・・表・淡紫 裏・濃紫

藤の種類の中で、シロバナフジをあらわしたもの。

しかし表の色は白ではなく、「藤」と同系統の淡紫となっている。

「白藤」の衣は平安時代には見当たらないので、後世の色目と思われます。
表・淡紫
裏・濃紫

3)菫(すみれ)・・・表・紫 裏・淡紫

春、紫色に愛らしく咲きでた菫の花色をあらわしている。

スミレの名はスミイレの略で、花の形が大工の用いる墨壺ににていることから、

つけられたものといわれる。

表・紫 裏・薄色 との別説がある。
表・紫
裏・淡紫

4)壺菫(つぼすみれ)・・・表・紫 裏・淡青

春の野に咲き誇る壺菫の花をあらわした色目。

壺菫の花は春から夏まで咲き続け、

その花形は菫に比べて小さい。

もとは庭に生えるスミレの総称をさしていたともいわれる。
表・紫
裏・淡青

5)牡丹(ぼたん)・・・表・薄蘇芳 裏・白

晩春から初夏にかけて、妖艶な大輪の花を開く牡丹の花の色目をあらわしたもの。

牡丹の花は、中国では古来、花の王、あたは富貴花と呼ばれ、賞賛されていた。

わが国にはもともと薬用として伝えられたが、

やがて花が観賞用とされるようになった。

牡丹の色目は他に六つの説がある。
表・薄蘇芳
裏・白

6)桃(もも)・・・表・淡紅 裏・萌黄

萌黄色の新芽を配しながら、咲き匂う桃の花をあらわした色目。

桃は中国から伝わり、花は観賞用として、実は食用として栽培した。

桃花は梅花や桜花に劣ると見られていたらしく、品位が劣り、

また実に毛のあるものを「毛桃」といい、いやしい表現が残っている。
表・淡紅
裏・萌黄
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img