着物着付け、リサイクル着物のつむぎや。着物情報満載!「着物生活術」配信中!
アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中

着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分


無料メールマガジン・バックナンバー目次へ

085 お便りありがとうございます+学ぶ


∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴♪・♪∴♪



   『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』

                                   
                    ゜'・:.。:*:・'゜☆♪

      お気軽きもの生活コーディネーター・きらこ よしえ

   つむぎや
   http://www.a-cre.net/tumugiyatop.html


∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴♪・♪∴♪




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄もくじ
   ■お便り紹介します■
   ■【はじめてさんの着物塾】第3回復習■
   ■新しく着物・羽織などがはいりました■

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




こんにちは、つむぎやのよしえです。

普段は 裄 という言葉を良く使うんですが、

最近は 雪 という言葉をよく使うことが増えてきました。

12月はここ名古屋はあまり雪が降らなかったのですが、

昨日夕刻からの降雪で、再びあたり一面、

白い雪景色が広がる日となりました。

しんしんと降り積もると、しんしんと冷えてきて、

暖かくした部屋やこたつから出たくなくなってしまいます。

雪が降ると、とにかく道路は滑りやすいです。

以前自転車に乗っていてカーブをいつものように回ったら、

つるり〜〜んと滑ってしまって、痛い思いを何度もしました。

歩いている時にも、ありましたっけ。

その時はあはは・・と笑って済みましたが(^^ゞ、

打ち所が悪いと大変なことになりますから、

どうぞ、転ばないように、気をつけてください。



■お便り紹介します■

★私50代半ばまで主人が着物姿が好きでしたので・・・
毎日着て運転もして、家では大掃除も着物のままでしていましたが・・・
着物を着る方がだんだん少なくなって
何で毎日着物を着ているのって不思議がる方も見えて
最近は余程でないと着ないのですが・
孫には着物のよさを教えようとメールマガジンの配信をお願いしました。
(はれ〜さん)

  メールマガジンのご登録ありがとうございます。

  着物で過すことが、珍しいことになってしまいましたが、
  これからは、着物の良さに気が付く人も、

  増えてくるんではないか、と期待もしています。

  肩肘はらずに、和の心を感じながら、
  これからもマガジンの配信をしていきますので、

  どうぞよろしくお願いします。
  (よしえ)



★つむぎやさんの着付けのおけいこは、とっても参考になります。日頃
私たち着物ユーザーが感じていることなどが書いてあって、親近感というか
「そうそう!」なんて思いつつ楽しんで読ませてもらっています。木綿の着物
についても、いろいろと教えていただきたいです。今後ともどうぞよろしく。
(ふしぎねこさん)


  お便りありがとうございます。

  メールでお稽古のマガジン、初めての試みでしたので、
  自分では、はらはら、ドキドキの配信でした。

  こんなのがある、あんなのがある、といった商品紹介は、
  どこでもありますから、

  出きる限り、これからお稽古を続ける気持ちを、
  持っていただけるようにと、心がけてきました。

  おかげさまで、ふしぎねこさんのような励ましを、
  いくつも頂戴することができました。

  メールでお稽古の、上級編も無事先日最終号を出せました。

  また、内容を吟味して、このメールマガジン、
  『着物生活術〜』の方でも紹介させていただく予定です。

  木綿の着物に関してですが、
  私よしえの、リサイクル着物「つむぎや」の方で、

  扱う機会が少ないので、今のところ、
  充分な材料があるとはいえません。

  またおいおい、ご案内できるようにしていきたいと思っています。
  (よしえ)


★先日紅色のつむぎの着物を購入いたしましたTと申します。

本日つれあいと友人を伴い落語を聴きに行くために朝から

イソイソと着用して出かけてみました。

帯結びに自信がないので羽織を着ての外出でしたが

とても好評でしかも寒空の下を歩いても温かくて快適でした。

公演後おすし屋さんに入った時も「和服のお客さんは

久しぶり」なんてお店の方に声を掛けられてビックリ。

とても楽しく一日を過ごせました。

素敵な着物を購入できて本当に感謝しています。

ありがとうございました。

いつもシーンズばかり着ているのですが、この冬からは

ちょくちょく着物で外出して最終目標は「ウン十年後には

着物姿がかわいいおばあちゃん」を目指したいと思いました。

今後も何かとご縁があるかとは思いますがよろしくお願いします。
(東京都・N・Tさん)

  N・Tさん、どうもありがとうございます。

  お楽しみのお出かけが何倍も楽しく過せたようで、
  本当によかったです。

  実は私の目標も元気印の着物のおばあちゃん、です。
  内緒にしておきたかった・・  (よしえ)
  


つむぎや よしえ様
着物と帯届きました。
とても綺麗な状態なので、リサイクルとは思えません。
帯も裏はちょっと汚れていますが表は大丈夫なので大変気に入りました。
有難うございました。
先日、送っていただいた手作りの着物掛けも本当に丁寧な作りでとても使い勝
手がよく出来ていて、出来上がるまでの苦労がよくわかります。
有難うございました。
これからもよろしくお願いします。
(愛知県・T・Tさん)

   T・Tさん、どうもありがとうございます。

リサイクルの中でも、できる限り状態のいいもの、
   充分、長く使用できるものばかりを集めてご案内しています。

   また着物掛けについても、細かい点まで見ていただき、
   とてもありがたく感謝いたしております。(よしえ)



★いつもメルマガ楽しみにしてます。(*^▽^*)
(なっちゃんさん)

  そう言ってくださる人がいるから、
  続けられる!
  (よしえ)



★私は結婚して12年です。結婚前に母から一通りの着物や帯を桐たんす
に準備してもらいました。12年間、一度も出していません。母から、「着物、
最近はみんな着ないから、捨てるか、安く人にあげるかしていいんよ」と言わ
れ、胸が締め付けられるほど苦しかったです。母が見立てて嫁入り道具にくれ
た着物・・・今年のお正月は着付けてもらおうと思っています。着物に合う素
敵な和のバッグがあったら、もっと、母の着物も引き立つことでしょうね。
(りんちゃんさん)


  お便りありがとうございます。
  
  りんちゃんさんのように、お嫁入りの支度として、
  生涯にわたる大切な着物を、しまいっぱなしの人が、
  ずい分いらっしゃるはずです。

  冠婚葬祭の時にしか必要のない着物類が多いと、
  すぐに着用する機会はないかも知れません。

  それでも色無地や、小紋などは、機会を見つけて、
  表に出してあげられるといいですね。

  もうじきお正月ですから、準備が整っていらっしゃることでしょう。
  お母様もきっとお喜びになると思います。
  (よしえ)


★いつも楽しみに読ませて頂いております。
着物生活にあこがれており、ただいま着付け講座受講中です。
とても参考になりますのでこれからもよろしくお願い致します。
(りんご1さん)

  お便りありがとうございます。

  着物に親しむ人が少しでも多くなって欲しいと思っています。
  難しく考える必要はなく、気軽に楽しめるようになるまで、
  ぼちぼちとやってください。

  それにしても、若いうちは何でも習得するのが早いので、
  たいして手間取ることなくできるでしょう。

  新たな講座も考えていますので、
  これからもよろしく!
  (よしえ)  
  
他にも多数お便りいただいています。

すべての方をご紹介できずに、ごめんなさい。



■【はじめてさんの着物塾】■

    塾長・市田ひろみさん(着付けの卓越技能者)

第3回 12月21日放送(再放送12月28日)分の

復習です。

<おしゃれを楽しむ小物>

  ・帯揚げと帯締めの合わせ方
  ・色半衿の合わせ方
  ・衿襦袢と半衿の付け方
  ・着付け方
  ・バッグと草履を合わせる
  ・帯留め
  ・防寒着

内容は以上に分けて、詳しく説明がありました。

今日は前半の3つを、おさらいします。

※・帯締めと帯揚げの合わせ方※

  帯締めは、着物や帯と調和する、帯締めを選んでいました。

  特にアンティークものは2〜3色の色構成で、

  帯締めがつくられていることが多く、

  実際に帯の上に置いてみて、着物や帯の中の色を、

  ひとつまたは、複数入っているものが、

  やはりしっくりと馴染みます。

  そして迷ったら、最終的には、自分の好きな方を、

  選ぶということです。

  帯締めが決まったら、次は帯揚げです。

  帯揚げは、帯の真上にくるので、帯との調和を大切にします。

  なん点か合わせていましたが、

  単色の、帯との同系色に落ち着いていました。

  多色使いは、ごちゃごちゃした感じになりますし、

  明るいぱっとした目をひくものは、

  そこだけ浮きあがった感じになってしまうので、

  生徒さんがいままで決めてきた配色から、逸脱しない、

  よく馴染む同系色に決まりました。


※・色半衿の合わせ方※

  色半衿は、衿から出る部分を折って、

  顔写りを確かめるために、実際にあてて鏡で見てみます。

  その中で、自分の顔が引き立つような、

  顔映りのいいものにします。 
 
  そして、着物の衿に沿わせて置いてみて、

  全体的に調和が取れているか確認をしてみます。

  そこだけ浮き上がってしまわないものが、
 
  いい取り合わせということになります。


結局、着物・帯・帯締め・帯揚げを決めた段階で、

生徒お二人の方のコーディネートは、

同系色で落ちつきました。


※・襟襦袢と半衿の付け方※

さて、いよいよ、着物を着る、にあたって、

まずしなければならないことは、

「半衿をつける」、作業です。

  裄のさまざまなアンティーク着物に、袖のない、
  
  「襟襦袢」を用いると、重宝します。

  半襦袢と裾除けの組み合わせにして、

  半襦袢から袖をとってしまったものが「襟襦袢」です。

  襟に半衿をのせて、どの位置が一番半襟が映えるかを、
 
  確かめてみて、マチ針で止めておきます。

  半襟は見える部分が小さいので、

  一番見せたいところを、出すようにします。

  そして、外側から決めた位置を動かさないようにして、

  ざくざくと粗い目でまつり縫いをします。

  取り外しがしやすいようにするためです。

  洗うときは、汚れやすい位置を丁寧に洗って、

  刺繍はそっと扱います。


アンティーク着物は、今はおしゃれを楽しむアイテムですが、

昔は当たり前の日常着で、

昔と今では、着物に対する見方がずい分と違います。

昔は帯締めといえば、※丸ぐけのひもが多かったので、

柄がいっぱい入った丸ぐけのひもは少なかったはずです。

細い範囲に柄がいっぱい入るためいには、

相当細かく柄つけされていないと、柄にはなりませんから、

昔は無地に近い丸ぐけひもが多かったのではないでしょうか。

そして自分でそれを作るのも、ごく当たり前だったのでは。

現代は組みひもが発達しているので、

そちらの方での、柄が豊富になっています。

それから、半襟ですが、

今では白を使うのが当たり前ですが、

昔は色が付いていたり、刺繍が施してあったり、

模様がはいっていたり、と、

白でないのが普通だったそうです。


そんな半襟や、アンティーク着物を着た当時を想像してみると、

美しい色柄に刺繍、

四季を表す花々などをふんだんに用いた、

着物姿の女性で満ち溢れていたんでしょね。

街は、華やかな色彩に彩られていたんだ、と、

想像できます。



さて、第4回が始まらないうちに、

第3回の後半のおさらいをしたいと思います。

それでは、また。
  

※丸ぐけのひも↓↓↓
http://www.a-cre.net/tumugiya/message/message005.html
 
丸くくける(縫いあわせる)ひものことで、

シンプルな、現代のカジュアル着物に合う丸ぐけひもを、つくりました!

一度ご覧下さい。



■新しく着物・羽織などがはいりました■

やわらか着物・裄の長めのものを集めました。
  ↓↓↓
http://www.a-cre.net/tumugiya/shop1.html#shoptop

紬着物・裄65と65.5
  ↓↓↓
http://www.a-cre.net/tumugiya/shop1.html#kimono-tumugi

半開きの扇子が、とってもセンスイイ、
http://www.a-cre.net/tumugiya/shop/s1332.html


羽織・コート 裄65〜67
  ↓↓↓ 
http://www.a-cre.net/tumugiya/shop1.html#haori-kooto

羽織で裄が一番長いのが、この絞り、
  67.2cm、うすい黄緑色にさっぱりとした絞りの模様。
   ↓↓↓
http://www.a-cre.net/tumugiya/shop/s1338.html


  〜〜〜〜羽織で着物のイメージチェンジ〜〜〜〜〜〜





               ゜'・:.。:*:・'゜☆♪







=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 つむぎやでは、『つむぎやクラブ通信』も配信中!
   
 つむぎやクラブ会員として会員様限定の通常ページではご覧になれない特
 典企画やプレゼント情報・季節催事・おもしろお役立ち情報などさまざま
 なご案内をさせて頂きます。よろしくお願いいたします。(登録無料)
ご登録はこちら↓
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/tumuclub.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-





∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴♪・♪

  『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』♪

                    ゜'・:.。:*:・'゜☆♪
   発行周期:週刊
   普段着着物で楽しい和のスローライフを提案します。
   リサイクル着物、アンティーク着物でキレイになる。
   アイディア和装小物。和服リフォーム裏技も!
   しきたりなしの着物道。

■バックナンバー
  http://blog.mag2.com/m/log/0000143379


 ゜:.。:*:・'゜☆♪★★女子まぐ!回覧板掲載中★★゜:.。:*:・'゜☆♪
               ↓↓↓
     『2005年夏版・ゆかたを上手に着こなすワザ』
      http://woman.mag2.com/kairanban/trav_shop/050616.html
            ライター・よしえで登場してます。(#^.^#)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――



------------------------------------------------------------------
  下記のシステムを利用して発行しています。
 ■■登録、解除は■■
 ●つむぎやメールマガジンページ
  (まぐまぐとコンビーズメールに対応しています。)
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/mel001.html

 ●または、ご購読の下記配信所で対応するIDナンバーで行ってください。
 まぐまぐ  http://www.mag2.com/     ID:0000143379
 melma!   http://www.melma.com/    ID:m00127038
 E-Magazine http://www.emaga.com/    ID:tumugi01
 カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ ID:9989

合計7356人の方々にご購読いただいています。ありがとうございます。
------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    情報発信元:つむぎや
  http://www.a-cre.net/tumugiyatop.html
        (つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。)
    編集:あくり出版
  http://www.a-cre.net/acresyuppan.html
    発行元:アクリネットWebSite

    発行者:きらこ よしえ

    ご意見、ご感想、ご質問はメールで→tumugiya@a-cre.net
    お送りいただいたものは、メールマガジンやホームページで
    匿名にて掲載させていただく場合がございます。
    よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2005-アクリネット有限会社・つむぎやAll rights reserved.
   ・・・・・・・・・・・・・・許可なく転載しないでね!

無料メールマガジン・バックナンバー目次へ
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img