着物着付け、リサイクル着物のつむぎや。着物情報満載!「着物生活術」配信中!
アクリネットWebSiteアクリネットWebSite
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中

着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分


無料メールマガジン・バックナンバー目次へ

109 染み抜き剤の使用法


∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴♪・♪∴♪



   『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』

                                   
                    ゜'・:.。:*:・'゜☆♪

      お気軽きもの生活コーディネーター・きらこ よしえ

   つむぎや
   http://www.a-cre.net/tumugiyatop.html


∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴♪・♪∴♪
                  



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄もくじ 
    □■染み抜き剤の使用法■□ 
   
    □■大(だい)風呂敷展:布で包む物と心■□
       
    【おけいこコーナー】 ♪着付けのおけいこ 初・中級編♪
                ‐‐ 半幅帯・基本結び ‐‐ 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


こんにちは、つむぎやのよしえです。

やっと初夏の陽気になってきて、

GWの気分らしくなってきました。

この時期になると、ムショウに潮干狩りに行きたくなって、

身体がむずむずしだします。

子どもが小さい頃は、よく連れて出かけましたが、

今では、懐かしい思い出です。

潮干狩りのいいところは、

なんと言っても、新鮮なアサリを持ち帰れること。

ですけど、つい調子に乗りすぎて沢山持って帰ると、

余らせてしまうはめになるので、要注意です。
(何度も経験した〜)

事前に料理レシピを幾つも用意しておくと、

飽きずにたっくさん食べられます。



□■家庭用染み抜き剤の使用法■□

そうそう、GWあたりから、

天候が安定し易いので、

晴天のいい日が続くようになると思います。

冬に活躍してくれた、着物類は、

袖口や裾、衿などに汚れがついているかも知れません。

染み抜き剤を使って、汚れをとっておきましょう。

袖を通した着物類は、一応確認してみてくださいね。
      ↑
       ̄ ̄ ̄羽織やコートもね。


染み抜き剤は、薬局で売られています。

何種類かあって迷いますが、

着物用というのがあれば、一番いいでしょうね。

はっきり解らなければ、薬剤師さんに聞いてみます。


今、私の手元に3種類の染み抜き剤があるんですが、

どれも使用方法が異なります。


なぜなんだろう?





頭をひねってみましたが

       ・・・・?です。


どれも第一石油類だし、

   有機溶剤だし、

   火気厳禁だし、

   ほとんど透明だし、

うーーん、似ているけれど、

使用方法が違うってことは、

どれもそれぞれに特徴があるわけだから、

それぞれの方法で、とりあえずはやるしかない。

まずは使用方法を読んでみると・・・


1)一番オーソドクッスな、「ベンヂン」。

使用方法:ほこりをよく落とし、ベンヂンを少量つけた布で、
     手早く汚れを移しとるようにし、
     2〜3度繰り返し拭いてください。

     裏地や芯地の付いたものは、汚れ部分をベンヂンの付いた布で
     包むようにしてもみ、汚れを布に移しとるようにしてください。    
 

     裏地のない生地は白布を敷き、汚れ面をその上にのせ、
     少量のベンヂンを付けた布で周囲から
     中心部にたたくように汚れを移しとります。

     いずれの場合もお湯を固くしぼった布で
     周囲をたたくようにしてぼかします。
  

2)「エリモト」という商品名の染み抜き剤。

使用方法:衣類のほこりをよく払い、
     乾いた白いタオル等の上に、
     処置するか所を裏返しにのせます。

     エリモトをガーゼに少なめに含ませます。
     (脱脂綿はお使いにならないでください)

     汚れを中心から外側にていねいにたたき、
     シミを下のタオルなどに移します。
     

3)「リグロン」という商品名の染み抜き剤。

使用方法:少量をきれいな布などに浸し、
     汚れの外部より内側に向いて
     拭き取るようにしてください。


以上の3つの染み抜き剤は、

ベンヂン・・・裏地のない生地は白布を敷き、

       汚れ面をその上にのせ、

       周囲から中心部に
   
       たたくように汚れを移しとる。


エリモト・・・乾いた白いタオル等の上に、

       処置するか所を裏返しにのせ、

       ふき取りはガーゼに限定、

       中心から外側にていねいにたたく。


リグロン・・・きれいな布などに浸し、

       外部より内側に、

       拭き取るように。



このように比べてみると、ずい分違いがありますね。

下に白布を敷くかどうかの違いとか、

内側から外側へ向かうのかどうか、も違っています。


さらに、「たたく」場合と「拭き取る」違い、

処置する所を、表を向けるのか裏返すのか。

そんなことも、違っています。


家庭用染み抜き剤といえども、

さまざまですね。

この中で一番一般的に用いられているのは、

やはりベンヂン、のようなんですが、

よく使われているからといって、

家庭用に簡単にできている、わけではないみたい。

ベンヂンの、ここがちょっと問題、というか面倒ですね〜。


"お湯を固くしぼった布で
     周囲をたたくようにしてぼかします。"


これが苦もなくやってのけらればいいのですが、

用意するものが増えてしまいます。

また、時間もかかってしまいます。


「手間ひまかけて大切な着物をお手入れするに、

 面倒、なんていっててどうするの!!!!!?」

と、おしかりを受けそう・・・



だけど、これって、

へたをすると輪ジミをつくってしまうから、

最後にこういった処置が必要ってことです。

つまり、慣れない、へたなうちは、

ベンヂンは使わない方がいいかもしれない、といえます。



とにかく、自分の性格にあった?染み抜き剤を見つけて、

試してみてくださいね。

そのときあんまり一生懸命に熱中してると、

頭がくらくら〜〜っとなってしまうといけないので、

換気をしながらやってくださいね。



□■大(だい)風呂敷:布で包む物と心■□

風呂敷のイメージって、どんなでしょう?

実際使うことがないから、

ダサイ、とかのイメージ、でしょうか?


ほんとは、着物好きなら、

バックに1枚は忍ばせておいて欲しいアイテムです。

といいたいところですが、

風呂敷を愛用している人はとても少ないのが現実です。


昔、泥棒は、唐草模様の、大風呂敷に、

盗んだものをいっさい丸めて背負って、逃げていく、

そんな漫画がいくつもありました。

泥棒に限らず、大荷物を包むのは風呂敷でしたし、

それを運ぶために持ち歩いたりもしました。

日本にかばんの「詰める」文化が入ってきてからは、

風呂敷の姿を、全くといっていいほど、

見かけることはなくなりました。


ところが、近年、環境への配慮から、

スーパーのごみ袋の代わりにならないか、と、

風呂敷が見直されつつあります。

  買い物袋の代わりになる?

  なんで、あの平らな布が?、

ちょっと不思議に思われるかもしれませんね。


でもそれが、以外と簡単に、袋の状態になるんです。

一辺が105〜110センチの綿の風呂敷で、

縫うことなく、結び目を作ることで簡単に作れます。

あんまり重量のあるものには向きませんが、

食料の買い物程度には重宝しますよ。

大きめの風呂敷で、インスタントバッグ!
         京風ショルダーバッグ!
         風呂敷リュック!

などの便利な利用法をはじめ、

風呂敷でかわいくラッピングもする、

はたまた、風呂敷でエプロンやら子どもの甚平まで解説付きの、

「ふろしきに夢中」
(森田知都子著 日本ヴォーグ社 税込み934円)
http://b-cre.com/p/?37
  

は、とってもわかりやすいので、おすすめです。

本や手荷物を、風呂敷に包んで、

着物の時に持って歩くのも、なかなかしゃれています。


この風呂敷が、日本以外の国アジアの国々でも、

「掛ける」ため、

「敷く」ため、

「かぶる」ため、

「背負う」ため、

「覆う」ため、などに利用されているようです。


これも、先の本「ふろしきに夢中」
http://b-cre.com/p/?37 に、

紹介されていますが、

これらの用途に使う、各国の風呂敷が、

ここ名古屋の博物館に、一斉に集まっています。

角の紐をつけて、背に荷物を運ぶのに用いたり、
           (ネパール)

供物をは運ぶのに、女性が頭の上に包んで運ぶ風呂敷や、
            (バリ島)

パッチワークの風呂敷(韓国)などなど、

世界24か国の風呂敷約400点に出会えます。

日常的あるいは特別な使い方を復元しながら、

多彩な風呂敷の文化に、出会えます。

風呂敷がこれから、もっともっと脚光を浴びて、

以前のように頻繁に使われるようになるといいなあ、

と思っています。

これからの、風呂敷使いのヒントがあるかもしれない、

 ★大(だい)風呂敷展:布で包む物と心★
http://www.tokainavi.ne.jp/event/mus/
  (名古屋市博物館:名古屋市瑞穂区)


お近い方、ぜひご覧になっては?

私よしえは連休の3〜7日の間に行くつもりです。

5月17日までやっています。

また、体験コーナー「やってみよう! 風呂敷で包む」が、

会期中毎日あります。

展示室内にて 参加費無料です。

※土日曜日・祝日(午前10時〜12時・午後1時〜4時)には、

インストラクターによる指導もあります。


★大(だい)風呂敷展:布で包む物と心★
http://www.tokainavi.ne.jp/event/mus/
  (名古屋市博物館:名古屋市瑞穂区




【おけいこコーナー】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ♪ 着付けのおけいこ 初・中級編 ♪
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さーて、今回は半幅帯を確実に結べるようになって、

「帯結びはなかなか楽しい・・かも」

と感じていただけるようになることを願っています。


入門編をお読みになった方は半幅帯の特性などを、

すでにご了解済みだと思いますが、


■ちょっとここで、お読みになっていない方用に、再掲します。

 半幅帯は、約15センチの幅で、
 長さが3.2〜3.5メートルくらい。

 兵児帯(へこおび)を除けば、最も手軽で締めやすい帯です。

 豊富な色柄、デザインのものが出回っています。

 ポリエステル素材の半幅帯は、片面ずつ色を変えた、
 リバーシブルタイプが、多く見受けられます。

 2本分の使いまわしができ、見せる面を工夫できて、
 お値段も手頃ということで、

 最初に購入される帯として人気が高いのですが、
 「滑り易い」ので、「帯がゆるみやすい」という欠点があります。

 特に安価なものは、帯の形がゆがみやすいような気がします。

 他には、絹製のもので、昔ながらの柄ゆきのもの、

 九州の博多で生産される、薄く締まりのよい博多帯、

 4メートル以上あって、豪華な織りの半幅帯なども販売されています。

 やはり締めごこち、滑りにくさの点から、

 絹素材が一番のおすすめですが、

 綿素材のものも、滑りにくく、ゆかたにはとても似合います。

                    −−−−以上、半幅帯の種類・特性



着物を着ないでいると、すぐに忘れてしまうのが、

帯結びです。

ゆかたを着てから、次の秋・冬まで数ヶ月、

全く着物を着ずにいると、

「あれ〜、どんな風にするんだったかな?〜」

と、長い帯をもてあまして、まごまごしてしまいます。

物覚えのとか、年の問題というよりも、

身体が帯の感覚を覚えるまでは、

忘れる前に繰り返すと、いいようです。


せっかくこうして着物を着ようと、

きっかけ作りをしているんですから、

最低3つは覚えてしまってくださいな。

入門編でもご紹介した、基本の帯結びですが、
   ↓↓↓
http://www.a-cre.net/tumugiya/learn/lesson005.html


「文庫」「貝ノ口」「リボン返し」

これで最低、でしょう。

これらは、もっともポピュラーで、

かつ結びやすい帯結びです。

復習がてら要点をおさらいします。


★「文庫」(ぶんこ)は最も好まれていて、最もポピュラーな結び。

 花嫁の内掛けの下の帯もこの「文庫」結びなんですよ。

 高い位置で大きく結ぶと若い人に向き、

 普通に結べば、どんな年代の人にも合います。

 はねのように左右に出ている部分を「羽根」と呼んでいますが、

 「羽根」の大きさを変えると、雰囲気がずい分変わりますので、

 好きな大きさを、見つけてください。


★「貝ノ口」(かいのくち)は、字そのままの、

 貝の手足のように見える管を出している姿から、きた名前。

 これは、背中にフィットするので(出っ張っていないので)、

 見た目ちょっと貧弱で、"遊び"的な感じはしません。

 ポリエステルの帯ですと、きゅっと締めたつもりでも、

 じわじわと緩んでくることがあります。

 そんなときは、帯締めをしておきましょう。

 この結びは、粋でこなれた感じがしますので、

 覚えておいていただきたい結びです。

 家の中での普段の着物や、

 やや年齢の高い人の向きます。


★「リボン返し」

 これは、もう、一番簡単です!

 ちょうちょ結び=リボンのことですから、

 ちょうちょ結びをした後、長く残った帯の先を、

 結び目の後ろを通して、外側へ出せば完成です。

 簡単なのに、とってもかわいらしくボリュームもでる、

 見栄えのするものです。

 若い人にはもちろん、

 帯によって、いろんな年代の人まで似合います。

 長めの帯だと、お尻をかくすくらい大きめにつくることもでき、

 お尻の大きさを隠したいって人にもいいですね。


半幅帯のこれらの結びは、普段着物の、 

綿、ウール、ポリエステルなどの着物によく合いますから、

これが結べるようになるのは当たり前、

として、その他にも半幅帯を使いこなせるようになるのが、

中級への道程といえるでしょう。

次回は、半幅帯をもっと自在に扱えるように、

発展形を結んでみましょう!





               ゜'・:.。:*:・'゜☆♪



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
インターネット銀行のパイオニア 『ジャパンネット銀行』
 いつでもどこでも!安い手数料と高い預金金利!
 とっても便利な銀行口座!安心のセキュリティシステム!
 ◆つむぎやでのお買い物は、手続き後、振込手数料無料になります。◆
  → http://b-cre.com/p/?15
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■広告募集開始いたします■■
アクリネットWebSitで発行しているメールマガジンに広告を掲載しませんか!
広告申込み→ http://www.a-cre.net/ad/ad.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 つむぎやでは、『つむぎやクラブ通信』も配信中!
   
 つむぎやクラブ会員として会員様限定の通常ページではご覧になれない特
 典企画やプレゼント情報・季節催事・おもしろお役立ち情報などさまざま
 なご案内をさせて頂きます。よろしくお願いいたします。(登録無料)
ご登録はこちら↓
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/tumuclub.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-



∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴♪・♪
  『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』♪
                    ゜'・:.。:*:・'゜☆♪
   普段着着物で楽しい和のスローライフを提案します。
   リサイクル着物、アンティーク着物でキレイになる。
   アイディア和装小物。和服リフォーム裏技も!
   しきたりなしの着物道。
■バックナンバー
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/mel001.html

 ゜:.。:*:・'゜☆♪★★女子まぐ!回覧板載りました★★゜:.。:*:・'゜☆♪
               ↓↓↓
     『2005年夏版・ゆかたを上手に着こなすワザ』
       http://woman.mag2.com/kairanban/trav_shop/050616.html
            ライター・よしえで登場してます。(#^.^#)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――




------------------------------------------------------------------
  下記のシステムを利用して発行しています。
 ■■登録、解除は■■
 ●つむぎやメールマガジンページまぐまぐと独自配信)
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/mel001.html
 ●または、ご購読の下記配信所で対応するIDナンバーで行ってください。
 まぐまぐ  http://www.mag2.com/     ID:0000143379
 melma!   http://www.melma.com/    ID:m00127038
 E-Magazine http://www.emaga.com/    ID:tumugi01
 カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ ID:9989

合計7806人の方々にご購読いただいています。ありがとうございます。
------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    情報発信元:つむぎや
     http://www.a-cre.net/tumugiyatop.html
   (つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。)
    発行元:アクリネットWebSite
    発行者:きらこ よしえ

    ご意見、ご感想、ご質問はメールで→tumugiya@a-cre.net
    お送りいただいたものは、メールマガジンやホームページで
    匿名にて掲載させていただく場合がございます。
    よろしくお願いいたします。

広告申込み→ http://www.a-cre.net/ad/ad.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2005-アクリネット有限会社・つむぎやAll rights reserved.
   ・・・・・・・・・・・・・・許可なく転載しないでね!






<PR>以下は、このマガジンの運営母体、アクリネット社のお知らせです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■広告募集開始いたします■■
アクリネットWebSitで発行しているメールマガジンに広告を掲載しませんか!
広告申込み→ http://www.a-cre.net/ad/ad.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●アクリネットWebSiteの無料メールマガジンご紹介(読者総合計22,700人)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■◆『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』♪■
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/mel001.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■◆『つむぎやクラブ通信』■リサイクル着物のつむぎや会員マガジン。
  http://www.a-cre.net/tumugiya/melmaga/tumuclub.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『パソコン徹底活用で自分の本を出版・あくり出版通信』
  http://www.a-cre.net/melmaga001.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■あくり出版の会員メール『ごろごろ通信』
  http://www.a-cre.net/acrepub/mel/gorogoro.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『ワードで自分の本を作る編集・製本術』■
  http://www.a-cre.net/melmaga001.html#word-mel
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『売れるメルマガ〜コツとツボ』
  http://meltubo.b-cre.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆『アクプレ!アクリプレゼント情報』
  http://acp.b-cre.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

          ゜'・:.。:*:・'゜☆♪


アッ!と驚く、クリエイティブな生活提案をいつも考えている

アクリネット社の情報発信元、アクリネットWebSiteです。



無料メールマガジン・バックナンバー目次へ
つむぎやトップ
しきたりなしのきもの道 メールマガジン
よしえ流着物基礎講座 ちょこっと和裁講座
おたよりご紹介 プロフィール

<ショッピング>
リサイクル着物・羽織・コート・帯・小物・雑貨
法定表記
着物着付け、リサイクル着物で
お気軽着物生活。無料ブックで
はじめの一歩!↓↓↓

着物を始めたい!
着付けのおけいこ入門』
着物入門編
無料電子ブック配布中
つむぎやはアクリネット有限会社が運営しています。
アクリネット社トップへ Copyright (C) 2004− アクリネット有限会社、All rights reserved.

img img img img img